こた(絵本作家)の大学は多摩美大で空想の天才!!家族はどんな人⁉

記事内に広告が含まれています
スポンサーリンク

「10年間誰かに言うこともなく人知れずこの世に存在しない架空の駅を1万個以上考えている人」こた(kota)さん。

今回は絵本作家でイラストレーターのこた(kota)さんの大学について、空想の天才だった件、家族について調べてみましたのでご紹介します。

こた(絵本作家)さんの大学は多摩美大

絵本作家でイラストレーターの
こた(kota)さんは

多摩美術大学
グラフィックデザイン学科に在籍。

現役美大生。

新潟から上京して一人暮らしをしています。

多摩美術大学を選んだ理由は、

自然に囲まれたキャンパスと

図書館に魅力を感じたから。

グラフィックデザイン学科を
選んだ理由

個人制作が中心なところ

色んな課題が出来ること

カリキュラムに魅力を感じたから
だそうです。

多摩美術大学は、東京都世田谷区上野毛に本部を置く私立大学で、キャンパスは八王子と上野毛の2キャンパス。

美大の卒業生には、有名アーティストデザイナー、ミュージシャンや芸能人、お笑い芸人など、様々な分野で活躍する有名人が多くいます。
多摩美大出身の有名人は
松任谷由実さん、竹中直人さん、佐藤浩市さん、でんぱ組incの夢眠ねむさん、お笑いコンビ・ラーメンズの片桐仁さん、アーティスト・作家・漫画家の蜷川実花さん、ファッションデザイナーの三宅一生さん、絵本作家でフリーのデザイナーでもあるあだちなみさんなどがいます。

こた(絵本作家)さんは空想の天才‼

こた(kota)さんは小さい頃から
鉄道が大好き。

家の近くに線路があり、
近くで電車を見せて貰っていたことが
好きになった要因のひとつ。

架空の路線図や駅舎デザインを
描き始めたのは
小学3年生のとき、社会科で地理にはまり
休み時間に自由帳に自分が考えた
空想の地図を描き始めたことがきっかけ。

空想路線図、空想時刻表、空想駅舎、
所在地やホームの数、利用者数も記載。

そして、みどりの窓口や売店、
駅レンタカーやスタンプの有無、
バリアフリーか否かまで細かく設定。

あくまで空想の世界。
終わりが無い。

新しい都道府県、市町村、路線、
駅が作り放題。

空想や妄想で作ることってほんと
楽しいですよね!
わくわくがいっぱい。

男の子だったら一度は電車に興味を持ち
絵を描いたりしたことがあるのではないでしょうか?

小学生にしてその才能を開花させた
こたさん。

まさに空想の天才ですね!

こた(kota)さんは中学校に進学後は
さらに空想の都市を精密に描き、

Twitterで公開し注目を集めています。

こた(絵本作家)さんの家族はどんな人⁉

こた(Kota)さんのご家族は
どんな方なんでしょうか?

父・母はどんな人?兄弟は?

こた(kota)さんは一人っ子。

ご両親は

いい意味でこたさんが
空想地図や空想路線図を描いていることに
全く無関心だったそう。

一日中描いていても止めない。

描いている内容に関して
口出しをすることもない。

そのおかげでのびのびと
自分の世界に入り込んで
好き勝手に妄想を
膨らませることができたとのこと。

決して放任ではない。

その教育方針が

こたさんの才能を
開花させているんでしょうね。

子供の頃の作品を大切に保管してくれて
とても感謝している様子のこたさん。

ちゃんと大切に作品を保管していてくれたこともその証ですよね。

お父さんお母さんは何をしている方なのかはわかりませんでしたが

こたさんのことをとても大切に想い
こたさんの持っているものを最大限引き出す。

そんなあたたかいお父さんお母さんでした!

祖父はどんな人?世界一周していた⁉

こたさんの祖父、おじいちゃんがまたすごい人でした!

おじいちゃんはこつこつと
貯めたお金で世界を一周。

その記録がアルバムや旅行記として大量に残っていてTwitterなどで紹介しています。

特に出版した訳でもなく、見せびらかす訳でもなく、単純に趣味として、言わば自己満足としてアルバムや旅行記を制作していたそうです。

こたさんにとって、とても大切な宝物

『世界旅行記「私のヨーロッパとびある記」』は

文章、記録、写真、挿し絵、編集まで全部おじいちゃんの手作り。鮮明に残された当時のおじいちゃんの生きた記録です。

おじいちゃんは理科の先生で、
黒板に書く図や絵が
とても上手だったようですね。

スケッチが趣味で旅行やどこに行くにも
スケッチブックを持ち歩いていて、
展示や依頼を受けて絵を描いていました。

こたさんが4歳のころ、おじいちゃんは
1年間毎日、絵はがきを描いて
こたさんに送っていたそうで
絵はがきもこたさんの宝物。

毎日絵はがきを送ってくれる
優しいおじいちゃん。

おじいちゃんはこたさんが
10歳のときに亡くなられたそうですが
こたさんの才能開花に、おじいちゃんも
大きな影響を与えていたんですね!

こたさんのご家族はとてもあたたかくて
とても素敵な才能あるご家族でした。

こた(kota)
2001年生まれ
新潟県燕市出身
血液型はAB型
中学は陸上部
高校は山岳部
趣味は旅行、街歩き、登山、旅館、喫茶店、レトロ
特技はモリで魚をつくこと
歌を歌うことは苦手
国立科学博物館とお寿司と
オードリーが大好き

こちらは子役の天才「白山乃愛」さんです!

白山乃愛の親はどんな人で教育方法は?子役の大スター誕生の予感⁉
東宝シンデレラのグランプリを最年少で受賞し、ドラマ「Dr.チョコレート」で子役デビューした白山乃愛さん。子役の大スター誕生の予感に、乃愛さんの親がどんな人でどんな教育方法なのか、とても気になり調査してみました。

まとめ

今回は「10年間誰かに言うこともなく人知れずこの世に存在しない架空の駅を1万個以上考えている人」絵本作家でイラストレーターのこた(kota)さんの大学について、空想の天才だった件、家族についてご紹介しました。

調査していくと、Twitterもnoteも個展も素晴らしいものばかりでした。
ぜひみなさんものぞいてみてくださいね。

引き込まれていくこと間違いなしです!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
エンタメ
シェアする
まさきをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました